★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

昭和50年頃から九重山群を登り始めました。

それからくじゅうに魅せられて四季折々くじゅうの自然に浸っています。

最近は、土曜日に登山し「くじゅうヒュッテ」で一泊して福岡に帰ると言ったパターンで山行を楽しんでいます。

また、福岡近郊では井原山が好きで春夏秋冬訪れています。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  【 福 岡 山 遊 会 】   《今後のスケジュール》(確定分)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《ミヤマキリシマ鑑賞登山》

日  程:平成30年6月2日(土)~3日(日)

集合場所:九重ヒュッテ

集合時間:8時00分

目的地 :未定

宿泊先 :九重ヒュッテ

その他 :体力別に分けるかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《くじゅう de バーベキュー 2018》

日  程:平成30年8月18日(土)~19日(日)

集合場所:九重ヒュッテ

集合時間:11時00分(朝駆け希望者は、別途連絡します)

目的地 :天狗ヶ城(予定…朝駆け希望者のみ)

宿泊先 :九重ヒュッテ

その他 :希望者のみ朝駆けをする予定です。

     別途、希望者は募集します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《くじゅうキノコ採り》

日  程:平成30年11月3日(土)~4日(日)

集合場所:九重ヒュッテ

集合時間:8時00分

目的地 :くじゅう周辺

宿泊先 :九重ヒュッテ

その他 :詳細は別途連絡します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

【過去の履歴を参照する時は一番下のサイトマップから入ってください。】

中岳朝駆け

 満月の月の入りに合わせて朝駆けを計画する。今回はYonecyanを誘い2人で登山開始とするが、途中で先に登っている山仲間の来福さんと合流予定だ。それに昨日昼から坊がつるに入ったTamacyanとMarucyanが日の出に合わせ中岳に来てくれそうだ。

 1時に起床し九重ヒュッテより牧ノ戸登山口に向かう。駐車場に着くと思ったより車が止まっている。

 身支度を整え1時30分に登山開始。夜空を見上げると満月が霞んで良く見えないため、ハッキリした月の入りは期待できそうにない。沓掛山に着くと30分程前にスタートした来福さんと思われるヘッドライトが見える。ゆっくり登ったため扇ヶ鼻分岐にいつもより10分程遅く通過する。

 久住山避難小屋に着くと先行していた来福さんが待っていてくれた。月がほとんど見えないのと風が強いため、月の入りの撮影は諦めここで日の出まで時間調整をすることにする。その間、小屋の中で軽食を摂り雑談をしながら時間を過ごす。4時30分に小屋を出発し御池経由で中岳に向かう。久住分れから中岳分岐を過ぎた所で後ろから呼び声が聞こえてきた。確認すると坊がつるから北千里ヶ浜経由でTamacyanとMarucyanが登って来た。これで賑やかな山頂になりそうだ。

  5時10分に中岳登頂、山頂は我々5名だけだ。廻りを見渡すと遠く祖母山・由布岳まで見えるが厚い雲に覆われ綺麗な日の出は期待できそうにないが雲が焼けることを祈る。日の出時刻になり大船山上空の雲が薄っすらと赤みを帯びてきた。朝焼けを期待しているとあれれ~赤みが消えて行くー。残念!!それから暫く山頂で陽が射すのを待つが好転の気配が無いため山頂を後にする。坊がつる組は時計と逆回りで白口岳経由で下山、牧ノ戸組は天狗ヶ城経由で厚い雲を見上げながら下山することになった。

 【今日のコース】 

牧ノ戸登山口(1:30)~沓掛山~扇ヶ鼻分岐~久住山避難小屋~御池~中岳(5:10ー6:10)~天狗ヶ城~久住山避難小屋~扇ヶ鼻分岐~沓掛山~牧ノ戸登山口(8:30)  

[所要時間]7時間00分

くじゅう山菜採り

 毎年恒例の山菜取りをくじゅう近郊で計画する。今年は例年より1週間早めに企画したが桜の開花等を考えると丁度良い時期に開催することになった。

 8時に九重ヒュッテ集合。少し集合時間が遅れたが全員集合すると総勢13名の参加者となった。そのほとんどが初めての参加者でそれも女性が断然多い状態となった。

 まず初めにウドを採りに出かけると芽吹き出したばかりのウドとイタドリが出迎えてくれた。ここで初めての参加者に山菜の説明を行ない山菜採りの始まりとなった。ある程度収穫したところでタラの芽を採りに場所を変えることにする。

 その場所に着いて道路沿いのハリギリの場所に行くと何とか食べる量が収穫できた。それから林の中に入るとタラの芽が出迎えてくれたが木が高く中々採取することが出来ない。少し山の恵みをいただいてこの場所を諦めいよいよ最終目的の蕨採りに向かう。

 蕨の目的地に着いて草原の見晴らしの良い場所でまず昼食を摂る。廻りを見渡すと阿蘇五岳・根子岳および九重連山が近くに見え心地よい風に吹かれ気持ち良いランチタイムとなった。昼食を終え広い草原で蕨採りを始めるとあっという間に時間が過ぎてゆく。みんな蕨採りに満足したところで場所を移動し、たらの芽と筍を採りに向かう。その場所に着くと筍がモコモコ出ていて持ってきた筍用袋がすぐに一杯になった。ここから奥の林に入っていくと若いタラの木は既に新芽が伸びすぎていて食用にならない状態になっている。今年は芽の出方が早いようだ。更に奥に進むと丁度良い状態のタラの芽が沢山出ている。棘に悩まされながら思う存分収穫することが出来た。朝から長時間の山菜取りになったためもう一つの蕨の場所に行くつもりだったがみんなが満足した様なので宿泊先の九重ヒュッテに戻ることにした。

 夕食は、採ったばかりの山菜を含めてご主人に料理してもらい賑やかな宴会となった。参加した皆さんお疲れ様でした。来年も行いますので宜しくお願いします。くじゅうの恵みに感謝!!

【フォトギャラリー】        ※写真の上をクリックすると拡大します。

【フォトギャラリー】   ※九重ヒュッテの料理(一部)

ヤマシャクヤクの仰烏帽子山

 3年振りにヤマシャクヤクの仰烏帽子山登山を計画する。今回は単独での山行となる。4時に起床し、4時45分に五木村に向け自宅を出発する。

 8時に元井谷第2登山口に到着すると車が1台も無く一番乗りとなった。身支度を整えていると車が2台登って来た。今日は平日だがヤマシャクヤクが見頃を迎えているため、この登山口は賑わうことと思う。8時20分に登り始めると2日前に来られた方とご一緒させていただき赤い斑入りのヤマシャクヤクの場所へ連れて行ってもらうことになった。その場所に到着すると盗掘されていてもうその姿は無く掘った跡が残っていた。世の中には悪い人間がいるものだ。気を取り直して先へ足を進める。目的のヤマシャクヤクは日当たりのいい場所では既に見頃を過ぎているものが数多く見受けられる。写真を撮りながら山頂を目指しているため、なかなか前に進めず時間が思ったより過ぎていく。

 11時10分、仰烏帽子山山頂に到着。山頂で軽食を摂りながら暫く休憩し、廻りを眺めていると兎群石山方面にピンクの群落が見えるため下山時間が気になるが足を伸ばすことにする。その場所に着くとミツバツツジが満開で出迎えてくれた。第2登山口から仰烏帽子山山頂まではミツバツツジを見かけることは無かったが、兎群石山へのルートでは数か所ミツバツツジを見ることが出来た。下山中もヤマシャクヤクの撮影を十分楽しめて満足出来る一日となった。下山後は、道の駅の物産館に立ち寄ってお土産を買って宿泊先の九重ヒュッテに車を走らせ無事到着した。

 【今日のコース】 

元井谷第二登山口(8:20)~分岐~仏石分岐~風穴~椎葉谷分岐~仰烏帽子山(11:10ー11:30)~兎群石山~椎葉谷分岐~風穴~~仏石分岐~分岐~元井谷第二登山口(14:40) 

[所要時間]6時間20分

【フォトギャラリー】       ※写真の上をクリックすると拡大します。

春の井原山

 毎年恒例の春の井原山へ花巡りに出かける。6時30分に自宅を出発し水無登山口を目指す。7時30分前に水無登山口に着くと既に車が3台止まっている。春になり今の時期からGWまでは非常に井原山は賑わう。花の井原山の本領発揮だ。

 7時30分過ぎに水無谷に入ると咲き始めたコンロンソウが出迎えてくれた。これから山頂までイチリンソウ・ニリンソウなど色とりどりの花が咲き誇り登山を楽しませてくれた。

 山頂に着き一息ついてオキナグサの確認を行なうと山頂直下の株は事前情報どおり葉の姿さえ無くもう二度とその姿を見ることは出来そうにない。場所を移動し別の所に行くと一株だけ咲いていてくれた。二株のもう一つの株は誰かに踏み荒らされて無残な姿になっていた。この場所ももうそんなに長く咲くことは無い様に思う。廻りの木々が覆いかぶさって年々日当たりが悪くなっている。

 山頂に戻り軽食を摂って、昼過ぎから所用があり時計回りで花を楽しみながら下山した。下山すると駐車場は満車で路肩に沢山の車が止まっていた。

【フォトギャラリー】      ※写真の上をクリックすると拡大します。

扇ヶ鼻夕駆け ~赤い満月~

 雪景色も終わり暫くグレーの世界に入り込む九重連山。そこで月の出が満月で日の入りがほぼ同時刻になる30日に扇ヶ鼻に夕駆けを計画する。丁度、扇ヶ鼻で月の出を待つと久住山山頂から満月が昇るため何とか絵になることを期待して昼前に自宅を出発する。

 今回は、山仲間の来福さんをお誘いし2人での夕駆けとなる。13時30分過ぎに牧ノ戸駐車場に着くと思ったより車が少なく楽に駐車スペースを確保する。気温は20℃を超え天気は少し雲があるものの晴れ。

 14時ジャストに登山開始。1か月前にアイゼンを付けて登った登山道はアスファルトがむき出しでこれから秋まではこの状態かと思うとうんざりする。東屋の休憩場所でマンサクを撮影するため、その場所に行くと一番良いポイントのマンサクは既に終わっている。この場所を諦め目的地を沓掛山に切り替える。山頂に到着すると見頃のマンサクが出迎えてくれた。ここで暫く撮影タイムとする。満足したところで扇ヶ鼻に足を向ける。写真を撮りながらのんびり登ったため16時20分に扇ヶ鼻に登頂、月の出まで2時間ある。月の出・日の入りまで冷たい西風を避けながらぶらぶらして過ごす。空を見上げると薄雲が広がっていて月が出てくれるか心配になる。そのうちに月の出時刻になると上空の雲が無くなり安心する。

 日の入り近くになって阿蘇方面を眺めると阿蘇山・根子岳が霞んでほとんど見えない。このため日の入りの写真は撃沈となった。18時35分、久住山山頂にうっすらと満月が現れた。その満月が徐々に赤く染まって行く。月の入りには見かける光景だが月の出では初めて見る赤い月、幸運に恵まれた。これから約30分間思う存分月と久住山群の撮影を楽しんだ。くじゅうの神様に素晴らしい光景を見せていただき感謝!!翌日は仕事のため、下山予定の19時を過ぎたため月明かりの中ルンルン気分で下山した。

※写真:久住山山頂に薄っすらと満月が現れる

 

【フォトギャラリー】       ※写真の上をクリックすると拡大します。